赤ちゃんは絶対に1人で生きられません。親に捨てられたという人でもそこには育ての親が必ずいます。

生きている以上、家族の話がない人は絶対にいないのです。
つまり、家族の話は共通する話題になります。

自分の思い通りに生きれたら最高です。

でも、社会生活を生きていくには

「嫌なお客でもがまんして笑顔で接したり…」
「上司に仕事を押し付けられてもがまんしてこなしたり」

ほとんどの人は日々ストレスがたまっています。

なので、ほとんどの人はグチを持っています。

なので、グチも共通点になります。
赤ちゃんだったら過去の話は難しい、ごくまれにグチが全くない人もいる。
なので、99%ですが、ようするに4つの話題は
自動的に共通する話題になってしまうのです。

いかかですか?
このようにこれらの話題は99%で相手と
共通するために会話が続き、弾むようになります。

どんな話題でも楽しく会話ができる人は
おそらくしゃべる行為そのものが好きな人に限られると思います。

芸能人では、明石家さんまさん。
イメージで言うと大阪のおばちゃん。
こういう人達は話す内容はどうでもいいとまでは言いませんが
おそらく内容よりも「しゃべる行為そのものが好き」だと思うのです。

でも、過去の私は違いました。
自分の興味が少しはある話題でないと、
心から会話を楽しむことができませんでした。

女性は一般的に「しゃべる行為そのものが好きな人」がとても多いです。
しかし、男性はしゃべることでも意味や目的を考える人が多いです。

特にあなたが男性であれば、過去の私と一緒で
「しゃべる行為そのものが好きなわけではない」
という可能性がすごく高いです。

つまり、自分が楽しくない話題で、
盛り上がれと言われたって土台無理な話だったのです。

グチを言う人は、アドバイスが欲しくてグチを言うのではありません。
ただ、話を聞いて欲しくて、
それを受け止めて欲しいと願っているのです。

ですので、「うん、わかるよ」とうなずきながら、
相手の目をしっかりと見て、真剣に聞いてあげて下さい。

相手はグチを吐き出す事ができて、気持ちがスッキリして、
ストレスがなくなって、話を聞いてくれたあなたに感謝します。

たとえば、友達の話に導いて、
グチがでないようなら友達関係にはグチはない。

なので、他の話でグチを話してもらうようにしてください。

そして、相手がグチを言いだしたら、否定もせず、
アドバイスなどもせず、ただじっくりと話を聞いてあげて下さい。

子供の頃、親と一緒に食べて
おいしいなーって思った食べ物はありますか?

想像してみてください…。

家族みんなでご飯を食べている楽しかった思い出、
家族で外食をしていて楽しかった思い出。

過去の記憶と一緒に楽しかった、嬉しかった感情も
よみがえってくる感覚がわかると思います。

人間の脳は、強く感情が残ったものしか記憶しません。

もちろん嫌な記憶もありますが強く感情が
動いた時の事を人間はよく覚えているのです。

そして、そういう感情が絡んだ話。

特に楽しい感情が絡んだ話をすると、
その楽しかった感情が蘇って、とてもとても楽しいものなんです。

自分ために!そして子供のために!

今日は家族みんなで買い物してきてスクエアポーチを子供に買ってあげた。
とってもよろこんでくれたけれど、結婚してから本当に自分にはなんにも買わなくなってきたなぁとつくづくそう思っています。まあ別にいいんですけれどね(笑)

毎日の子育てのなかでとにかくつらいことや苦しいことがいっぱい鬼のようにあるけれど、しかも4月からは仕事復帰もするのでまたたいへんになることは明白です。

だけどがんばろう!自分のために、そして子供のためにも、ね。

アンパンマンが活躍しない・・・

今日は子供2人と主人と4人で近くの公共の
遊び場で遊んでから、帰りはスーパーでお買いもの。

日曜日はくたくただけれど、子供ができてから毎日
この子たちのためにもがんばらなくっちゃ!っていう

そんな気持ちがでてくるからああふしぎ。。
にしても、ここんところ暖かい日が続いているせいか、

せっかく先月に購入したこちらの
アンパンマンフード付き裏ふわもこダッフルコートの活躍は
そんなにないのが現状であります(笑)

でもそれが叶いそうも無いのなら、知人には違う所に目を向けて欲しいなと思うんです。
無闇矢鱈にアプローチをする事で更に相手に嫌われ知人関係にすら戻れなくなり、その事で一層傷つくくらいなら、元彼との関係は時間をかけて塞いでゆく方がいい。酵素ダイエットを成功させるためのポイント飽くまでも私の考えなので、傷ついても何でもいいから兎に角元彼とよりを戻したいというのなら止めはしないし、止める権利もないわなぁ。

ただ、元彼さんにストーカーされていると思われる様なアプローチはしないであげて欲しい。
あれは精神的に参るからほんとに。

会話がもっとうまくなれたら・・上手になれたらとあなたはそう悩んでおられますよね。

それって自分が相手の立場に
考えてみると納得できると思います。

そういった状態で、次会う約束をしようとしても
なんだかんだ理由をつけて、断られてしまうでしょう。
よっぽどアピールが良くないとなかなか先に進む事ができません。

あえてマイナスからスタートするという人は
よっぽど自信がある人でない限り得策ではないということは
誰が考えても明白です。

しかし、家族の話をしていて、

途中から仕事の話などに変えないようにしてください。
例えば、家族の話をしたら、
「お父さんの事は好き、嫌い?」
「お母さんは料理うまかった?何が一番好きだった?」
「弟とケンカしてた?ケンカの理由は何だった?」
「おじいちゃん、おばあちゃんはどんな人だった?」
「家族で旅行とか行ってた?どこいってた?どんな思い出がある?」

色々な角度から、色々な質問をして深く話を聞くようにしてください。
なぜか?

深く掘り下げて会話していくと、自然に
「実は誰にも言ったことがないんだけど…」
「ここだけの秘密にしといてくれる?」
という切り出しから、相手が普段言わない本音を聞き出す事ができます。

相手が「本当は誰かに聞いて欲しい。でも言える人がいない」
普段言いたくても言えないような本音を聞き出すことができます。
例えば、
「高校の時に両親が離婚して辛かった。すごく苦しんだ。
私は普段は明るく振舞って、そういう人だと思われているけど、
本当は1人で悩んだりする事がすごく多いんだ。誰もわかってくれない」
みたいな事を言われるようになります。

かわいい女性の前だと緊張してしまうあなたへ

一体全体どーしてなんでしょうか?かわいい女性の前だと緊張してしまう人って多いと思いわけですが・・・ それって意識しすぎてあがってしまうっている状態ですね。脳がまったくまわっていないかんじです。女性もそんなあなたを見て「ああーー。って」ため息をついて、ひあ終了。という感じでしょうね。。女性の場合も、原則は年齢が若い方がモテると思われていましたが、一概には言えなくなってきています。 相手からコンタクトを取ってくることは、モテることの第1歩です。趣味の話でモテるきっかけが作れれば、これもまた幸いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク