スコア100を5ラウンド以内に達成する。それを実現する為に曲がらないスイングをマスターするという事です。

腰・背中・肩の筋肉が、全身の中で最も太くて強い筋繊維で、最も記憶力に優れている部位だと言う事をご存知でしたか?
わたしは知りませんでした。記憶と言えば、脳味噌。

そのくらいの考えしかありませんでしたから。
上記にあげた筋肉はゴルフで最もよく使う筋肉です。
この事実は、ゴルフと言うスポーツが、他のスポーツに比べて身体が覚えやすいスポーツであることを示しているのです。

類を見ないほど身体で覚えやすいスポーツだと、上原大二郎さんは称しました。
これはその道に通じるプロだからこそ言える言葉なのかもしれません。
覚えやすいって言うけど、わたしはちっとも上達しない…

そう言う方も勿論いらっしゃると思います。
大原プロ曰く、ゴルフ界の理論は難しすぎるのだそうです。
ゴルフを上達したい人は、ゴルフ雑誌を買って、そこに書かれている事を実践しようとするでしょう。

また、耳にはさんだ方法を実行する事もあるかもしれません。
それらは色んな人の論理の塊で、決して同じ所に納まる事は無いのです。
しかし、上達したいと思っている人からすればそれは自分のゴルフを上達する術になるかもしれないアドバイスにしか聞こえないのです。

それを大事に大事に持って帰って実践してみたはいいけれど、何だかよく解らない。
当り前です。
だって違う論理の元に組み立てられた物なのですから、併せて使える訳は無いのです。
けれど指導する側も新しく見つけた方法を皆さんに伝授したくて堪らない。
そういう関係で、いつまでたっても食い違いが生じるのです。
それを解消してくれるのが、上原プロ監修の「ゴルフ上達方法」のDVDです。

DVDなんて胡散臭い、と考える方もいるかもしれません。

ですが、机上の空論をいくら眺めていたって身には就かない筈。
ならば、DVDでナマの動きを見ている方が余程いいのではないでしょうか?
ついでに言えば、上原さんは既に3年で189人の教え子を全員シングルに導いたと言う実績をお持ちです。
正しいシングルを身につけるのに必要なのは3点だけ。
短期間でシングルスコアを達成する。
その為にスコア100を5ラウンド以内に達成する。

それを実現する為に曲がらないスイングをマスターするという事です。
その方法は、実際にコーチを受けるのにも劣らないくらいの充実したDVDの中で開かされています。
今まで己がもっていた小難しいゴルフ理論を一度捨ててはみませんか?
そして、あなたが今よりもさらにゴルフの上達をもしもお考えなのであれば、
さらによりゴルフが上達できる方法もございますよ。

>>詳しくはこちらから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク