オーネットの資料請求の申し込みをしたら、無料体験シュミレーションをしてみませんか? と、案内されたので、折角だから行ってきました。

オーネットの件ですが、資料請求の申し込みをしたら、無料体験シュミレーションをしてみませんか?
と、案内されたので、折角だから行ってきました。面白かったです。

その日、私は産まれて初めて婚活センターというものに行ってきました。
楽天のグループ会社、婚活センターの大手として知られているオーネットです。
資料請求だけするつもりだったのですが、電話の案内で「折角だから無料体験シュミレーションをしてみませんか?」と言われ、折角なので行く事に。

シュミレーション前日には電話での確認を行い、また、道案内までしてくれるという徹底した接客。着いてから案内してくれた人も担当になってくれた人も、親しみやすい笑顔を浮かべた人ばかりでした。不愉快だと感じさせない程度に砕けていて気さくでした。
中は個別ブースになっており、冷たいお茶を出してくれました。ブースはちょっと手狭ではありましたが、2人しかそこに座らないので妥当と言えます。

会社の説明をと出会いの仕組みから結婚までの流れを用紙を見ながら説明されます。
それが終わったらパソコンでのシュミレーション。
年収や職業、喫煙の有無、酒を嗜むかどうか、年齢は?等とシュミレーションであるのに結構細かく指定でき、その条件に見合った人が会員の中に何人いるかを見て、その後に今度は地域で絞ります。

面白かったのは両思いシュミレーション。
わたしが入力した情報と男性の条件、そして男性が望んでいる女性への条件がお互いにマッチした人が表示されるのです。無駄が省けていい。

わたしは面倒くさいのが嫌いなのでこのシステムが気に入りました。
会誌も見せて貰いました。会誌には、新しく入会した男性のリストが北海道から沖縄までぎっしり。会員の中で最年少は21歳。最高齢は確か71歳だったと思います。WEBや会誌を見て相手を絞り、オーネット専用のメールサーバーでやり取りをして会うかどうかを決めたりするそうです。

家に帰ってからパンフレットを見ましたが、パンフレットは綺麗過ぎて実情があんまり伝わってこない感じでした。
簡単な流れはわかるんですけどね。
今の男性は自分の考えをしっかり持った女性を求める傾向にあるようだと、担当の方は仰っていました。
女性はよく30歳までには結婚したいと言いますが、現在は男性も同じようです。

30歳では遅いという男性も少なくないと言う事でした。
話を聞いたり体験したりして魅力的だなと思ったのですが、会員費がネック。
なかなか十万ちょっとを気軽に払う事は出来ません。それにプラスして月会費もかかるのですから、お金がかかると言う事は覚悟しておかなければならないでしょう。

それから、会員になるには通院をしていてはいけないそうです。
風邪ですら駄目。通院している間は絶対に入会できません。
健康状態も重要な判断条件になりますから…と仰っていましたが、それは些かやり過ぎではないだろうか、とも思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク