常に頭痛がしていたり、吐きそうなほど肩が痛かったり手足が冷え切っていたり、寝るのも辛かったり。そんな辛い症状をどうにかしたくて手術に踏み切る方も居ます。

「頸椎症」「頸椎ヘルニア」「ストレートネック」という病気をご存知でしょうか?これは首や肩、果ては手足にまで症状が出る病気です。頭が痛い、肩がこる、手に痺れがある・力が入らない、上を向くのが辛い等の症状があります。

ストレートネックは現代病とでもいうべきでしょうか。長時間パソコンに向かうと言う行為はストレートネックになる可能性を高めます。この「頸椎症」「頸椎ヘルニア」「ストレートネック」は、なかなか治りません。

いえ、治らないとされてきました。
病院に行っていくつかの治療を受け、薬を飲む。
大抵の人はそうやって何とか辛い症状を和らげようとしているでしょう。

でも実は、それは起こっている現象(頭痛や肩凝り、手の痺れ)に対しての、対処療法でしかないのです。根本的な部分を治療している訳ではありませんから、ただただ、症状を和らげるために通院しているような物なのです。

あまりにも症状が酷い場合、手術で根本的解決を行うケースもありますが、大抵の場合、医師は「手術以外の方法での様子見を薦め」ます。

首というのは沢山の重要な神経が集まっている部分です。そこを手術する為には熟練した技術が求められる他、手術で必ず全ての症状が改善される保証が無いからです。
常に頭痛がしていたり、吐きそうなほど肩が痛かったり手足が冷え切っていたり、寝るのも辛かったり。そんな辛い症状をどうにかしたくて手術に踏み切る方も居ます。
しかし、

多くの人はそれが根本的解決に繋がらず、痺れが残ってしまい整骨院に通院し続ける。
わたしも仕事柄パソコンに向かっている時間が長くて肩凝りが酷く、頭痛はほぼ毎日で、おまけにストレートネックの疑いがあります。

ですが、一生上手く付き合っていくしかないといわれているので諦めていました。
少しでも痛みと上手く付き合って行こうと。

そんな時、健康雑誌で姿勢先生の自分で治すシリーズ、『頸椎症・頸椎ヘルニア・ストレートネック改善プログラムDVD』の存在を知りました。

調べてみると、自宅で出来る治療法を収録したDVDでした。
医者に行って治らない物を自分で治す事なんて出来るのだろうか?

疑問に思いましたが、興味が湧いたのも事実です。5分あれば出来るエクササイズ。忙しくても、休憩時間が5分以下なんてことはありませんよね?症状は十人十色で、効果の程に個人差があると書かれていました。

それでももし、もし本当に通院しなくても、空いた時間を使って治療が出来たら…
試してみる価値はあるかもしれないと思いました。

わたしはまだストレートネック予備軍ですが、すでにそう宣告されていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

もしも万策尽きた状態で居らっしゃるなら、この方法を試してみるのも悪くないかもしれません。何せ、失敗する可能性はあるけれど、手術のように後遺症が残ることは無い方法なのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク