インナーマッスルの鍛え方!骨盤を支える効果で痩せるって本当なのか?

インナーマッスルという言葉をご存知でしょうか?
それは骨盤にある「大腰筋」と「腸骨筋肉」からなります。

この2つの筋肉はダイエット筋とも呼ばれており、骨盤周りの関節を固定してバランスのとれた身体を作る為の重要な筋肉なのです。

もしこの筋肉が歪むと、まず最初に骨盤が歪みます。
次に起こるのは血行やリンパの流れが悪くなること。

その次は流れの悪い部分が冷えてゆき、最終的にその冷えた部分に脂肪がついて太ってしまうのです。

肩凝りや冷え症、セルライトやくびれがないことも、筋肉の歪みと無関係ではないのです。その筋肉の歪みを改正しつつ痩せる事が出来るのが骨盤ダイエット。

皆さん、名前はテレビ等で聞いたことがあると思います。オリエンタルエステのビューティースリムでは、EMSマシンという物で筋トレと行い、代謝を高めて脂肪を燃焼させると言う試みが行われている。

このEMSマシンでは、身体を支える重要な筋肉であるインナーマッスルを鍛える事が出来るのです。

インナーマッスルが引き締まれば全身が引き締まり、ウエストがくびれはじめて、何と二の腕までほっそりしてくるのです。

果ては小顔効果もあると言うのですから、インナーマッスルもとい、ダイエット筋というのは色んなところに様々な効果を与えるのですね。

骨盤ダイエットbeautyコースのおおまかな流れとしては、最初にカウンセリングで一人一人の体質を把握。

次に、EMSを使って骨盤を支えるインナーマッスルを鍛えます。

このEMSは医療機器メーカーが開発したもので、現役アスリートも愛用している程。
それを使用して骨盤をケアしつつ、足のリンパの流れを促進するのです。

それから全身を温めます。
発汗効果を高めて身体をほぐし、汗と一緒に老廃物を流しだします。

そして最後に、一人一人の悩み別にトリートメントが行われます。

脂肪、セルライト、むくみ、冷え症等々、みなさんそれぞれに様々な悩みがあるでしょう。それに沿ったケアを施して貰えます。

ぽっこりお腹やお尻の肉が垂れていると感じる方、くびれが無いと悲観している方。
もしかしたら、それはインナーマッスルが歪んでいるからかもしれません。

是非一度、骨盤ダイエットbeautyコースを試してみては如何でしょうか?
今なら1回体験を3000円で受ける事が出来ます。

このチャンスを見逃さないように、皆で健康にスリムになりましょう。

追伸1

最近私が取り組んでいるのがインマーマッスルをきたえている内臓脂肪の落とし方です。体幹を鍛えるためにあぐらをかいて。おきあがりこぼしのように転んで起きては転ぶという繰り返しの方法なのですが、これは楽しみながらできるのでおすすめです。

あとは食事について例えば、レモンと一緒に摂取する鉄分や亜鉛は、それだけで摂取する鉄分や亜鉛より体内に取り込まれやすくなります。キレート効果と呼ばれるこの作用を発生させるには、食品や他のサプリメントを併用すると効率的です。食後は胃袋の中に未消化の食物が入っている状態であり、サプリメントの吸収率を高めることができます。

朝は肉じゃがを作りました。体脂肪の減らし方の観点からゆくとそこまでよい料理ではないのですが・・・汗。まあときにはいいでしょうね。まずできることから始めることって大事ですから。

追伸2

加圧エクサパンツとストレス解消に演劇イベントと観に行くの巻

女性の美は永遠ですよねー。ってなわけでこの夏にむけて加圧エクサパンツ サイズや補正下着と加圧エクサのダブル効果もねらってるんですが・・・生理中や妊娠時は特に、好き嫌いが出ますし、微妙な体調の変化でも、香りの好みも変わってくるようですから、その時々の状況で選ぶのがベストかなーって思ってます。

しかしながら話は変わりますが毛穴は開いた毛穴がふさがれて盛り上がってしまった状態ですが、お肌のターンオーバーが狂ってしまいます。皮脂・老廃物が詰まっているのであれば、肌の新陳代謝を活発にし、健康な肌状態に戻すようにしましょう。また、メイク落としを丁寧にしていないか、もう一度、メイク落としの基本に戻ってください。痛みなどない毛穴トラブルは見過ごされがちですが、見た目も気になるものですから、ちょっとした毎日のこころがけで、思いがけずよくなります。

追伸3

好きな音楽と映画がある。

それをおもいっきり子供が寝たあとに
ちょっぴりアルコールの入った飲み物を飲みながら

聞き入って、見入って(ほにゃらら)

ヘッドホンなしで楽しめるのは
やっぱりアパート、そして親の実家を経て、

自分たちの家を手にいれたから。

それってすごく幸せ度がかなりUPしてること間違いなし!
といったところで来週あたりにタイヤ交換しなきゃな。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク