アドレナリンは脂肪燃焼の促進を助けてくれる作用があるといわれています。

酵素ダイエット中で一番簡単なのは朝食です。ぶどうやグレープフルーツなどの果物一個と好きな飲み物だけ。果物の多くはビタミンCがたっぷりですし酵素も多分に含まれているのが特徴です。またフルーツは美容効果が高く、アドレナリンの分泌を促す作用があるといわれています。

アドレナリンは脂肪燃焼の促進を助けてくれる作用があるといわれていますので、そういって意味でもダイエット効果が期待できるというわけです。酵素ダイエットの朝食はこのメニューをひたすら1週間食べ続けます。時間がなくても大丈夫なので、これなら忙しいひとでも酵素ダイエットが続けられそうですよね。

そして飲み物ですが、ノンカロリーのものを選びます。できればミネラルウォーターがベストですが砂糖などの甘味料が入っていなければほかの飲み物でも大丈夫です。コーヒー、日本茶、中国茶、紅茶、ハーブティー、フレーバーティーなどです。

最近はミネラルウォーターも炭酸が入っていたりフレーバー入りのものなどいろいろな種類があります。おしゃれなボトルのものも多いので、常に持ち歩きましょう。コーヒーや紅茶も外で買うとなかなか甘味料やミルクが入っていないノンカロリーのものはみつかりません。おいしいコーヒーを自宅でドリップして持って出かけるとダイエット中でもおいしいコーヒーが飲めて大満足ですよね。

フレーバーティーでバニラなど甘い匂いのものを飲めば甘い飲み物を飲んだ気分になれて満足するはず。女性は便秘やむくみに悩んでいる人が多いので、半身浴で水分代謝をよくすることを心がけましょう。発汗して老廃物も汗と一緒に体外に排出すれば新陳代謝がよくなります。できればノンカロリーの飲み物で十分に補給しましょう。

・酵素ダイエットの夕食のモデルメニュー

酵素ダイエットの夕食のモデルメニューを紹介します。夕食で注意することは時間です。夜9時以降には決して食べてはいけません。

酵素ダイエットが食べてもいいダイエットだからといって、深夜に食べていてはどんなダイエットでも成功はできません。それは今回あなたがチャレンジしてみようとしています酵素ダイエットでもそれは同じことです。

では早速そのモデルメニューです。

さばの塩焼きたっぷり薬味添え、トマトの煮びたし、たたききゅうりの干しえびです。さばの塩焼きはさばの切り身に軽く塩をして魚焼きグリルでこんがりと焼くだけ。薬味をかけるとおいしくたべられるので、みょうが、青じそ、貝割菜、長ネギなどを用意してとほれも細長く切ります。薬味を全部乗せてすだち、しょうゆで食べましょう。トマトの煮びたしはトマトをまるごと使います。

サラダもいいのですが、温野菜にすると量も多く食べられるし栄養価も損なうことがありません。トマトを湯むきします。なべにだし汁1カップ、塩小さじ1/2、しょうゆ大さじ2をいれて煮立て、熱いうちにトマトにかけて冷蔵庫で冷やします。1時間ほど味をしみこませたら出来上がり。たたききゅうりの干しエビ和えはきゅうりを塩をつけて板ずりします。

そのあとめん棒やすりこぎなどでたたいて大きく砕きます。にんにくのみじん切り1/2かけ、干しエビのみじん切りを大さじ1、レモン汁大さじ1/2、ナンプラー大さじ1であえて唐辛子をふります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク