酵素ダイエットでは食べる量に制限がないのですが、調味料には気をつけなくてはいけません。

酵素ダイエットを成功させて1週間で数キロ体重を落とすためには、なるべく食べてはいけない食べ物があります。まず油分やでんぷん質をNG食材としています。ですから市販のソーセージやハム、ハンバーグやかまぼこなどの加工品やねり製品もNG食材です。

それから乳製品の牛乳とチーズ。お酒も禁止です。調味料として使われるお酒は大さじ1程度ならいいとします。それから嗜好品ですが、これは酵素ダイエットに限らずダイエット中はNGだとされていますよね。

和菓子、洋菓子、キャンディーなども全部酵素ダイエット中は我慢しましょう。ナッツ類やドライフルーツも我慢です。次に調味料ですが、こちらも糖分や油分が多く含まれているものがNGとなります。マヨネーズ、油使用のドレッシング、ケチャップ、ソース、オイスターソース、カレーのルゥ、ドミグラスソース、ゴマだれ、みりん、味噌、すき焼きのたれ、焼肉のたれです。

酵素ダイエットでは食べる量に制限がないのですが、調味料には気をつけなくてはいけません。OKの調味料は次のとおり。

塩、こしょう、ハーブソルト、しょうゆ、ポン酢、ノンオイルドレッシング、出し醤油、ナンプラー、だし汁、コンソメ、ブイヨン、タバスコ、酢、豆板醤、カレー粉、わさび、からし、しょうが、にんにく、唐辛子、山椒、ゆずこしょう、レモン、ゆず、ハーブ類などなどです。

「ダイエット中に外食なんて・・」とどうしても外食する機会があってあきらめないでください。

酵素ダイエットなら食べる食材や調理方法を気をつければ外食でも十分ダイエットを続けることができます。

たとえば仕事をしている人の昼食。

できればお弁当を持参したいところですが、
どうしても当日に準備できなくなったり、寝坊してしまったり、面倒なときもあります。

そんなときは上手にコンビニの食事を選べば大丈夫なんです。

ランチだけではなく、夕食にも上手に利用しましょう。

「肉・魚・魚介」での選び方です。

ししゃも、さば、鮭などの焼き魚はOK。

イカ焼きもいいのですが、一緒についているマヨネーズは厳禁です。
焼き鳥はみりんや砂糖が含まれているのでタレではなく塩味のもの。

鳥皮もおいしいのですが、酵素ダイエット中はちょっと我慢。
「おそうざい」はおひたしを野菜と考えて選びましょう。

もずくはミネラルたっぷりなのでおススメです。
おでんも具材を選べば大丈夫。ただし練り製品はだめです。

あえものはゴマがNG食材なので注意。
「サラダ」はコーンやポテトサラダがNG食材です。

ドレッシングはもちろんノンオイルのものを選んでくださいね。
蒸し鶏やツナの入っているものはそれだけで肉や魚1品となります。

「漬物」は塩味がきつすぎますが、少量なら野菜としてたべればいいでしょう。しかし、ダイエットをし終わった後がポイントです。

急にいつも通りの食事にすると、体はこれまで足りなかった栄養素を取り入れようとして、エネルギーをせっせと溜め込もうとします。低カロリーの食事を続けていると体重はどんどん減っていきますが、しばらくすると身体が低カロリー食に慣れて一向に体重が減らなくなってしまうのです。

この停滞期に焦ってダイエットメニューをきつくすると、心身共に負担が大きくなり、途中でダイエットをやめてしまうことが多いようです。ですのでエッセンシア酵素ドリンクなどうまく活用していくことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク