赤ちゃんの指しゃぶりって愛情不足が原因なのか?専業で育児や子育てをしている方ならば・・


よく育児疲れやノイローゼといったことはよく聞かれたりしますが、それによっての赤ちゃんの指しゃぶりって親の愛情不足が原因なのか?と考えるあなたは極めて正常な心の持ち主だと思います。

このことをインターネットなどで調べていること自体が愛情不足ではないと思います、私は。よく産後うつなどもありますが、やっぱり子供が少しでも成長していくにつれて、自分自身が外に目をむけていく必要性があると思うのですよね、出産や育児、子育てを経験した親だからこそ新しい価値観や視点で社会に貢献できるんじゃないかって。

産後に「私って・・・かなり社会から取り残されちゃってる?もしかして?」なんて思ったクチですが、今は違います。しかしそれは育児や子育てを通じて次のステップをあがる階段へのサインなんじゃないかと思ったときに気持ちがスーーと楽になりました。

子育てでこういった内向的な気持ちになったエネルギーは決してもムダではありません、それはきわめて大きな可能性を秘めているのかもしれないのですからですので赤ちゃんの指しゃぶりって愛情不足が原因かどうかなんてことよりも今を大切に、

・・・そしてつらいときもあるでしょう。それも次へのステップだ、と。

これからのお子様と自分自身のさらなるステップアップにつながると信じて生活を送るほうが絶対に健全的だとそう今では思うのです。ぜひあなたのこれからの人生と今までの人生をもういちど、子供の指しゃぶりなど育児の悩みなどとおして考えてみるいい期待かのかもしれませんね。

だれだってたいせつな子供が生まれてからは毎日の子育てのなかで大変だけれど
それでも子供がいとおしくて、しっかり守りたいといった気持ちになるのは当然です。

しかしながら少し指しゃぶりをしたからといって
それを政治の大問題ごとき論じるのはどうか?と個人的にはそう思うのです。

専業で育児や子育てをしている方ならば、
そんな子供の指しゃぶりをやめさせる方法を模索しているよりも

ご自身のかわいいお子様の将来を見据えて行動するべきだと思います。
それにはやはりいずれ巣立つときに、自分のこと。

これも大切なことです。
自分のスキルや知識をいかしてブラッシュアップをして

もう一度これから社会や地域でがんばっていくとという決心と
働いている親ならば、仕事と子育ての両立もあるでしょう。

そんな未来のことに関心を向ける時期にきているのかもしれません・・
子供とのかかわりは常にトライ&エラーで失敗続きの連続でした。

それでも育てるという経験をしてきたからこそ、今があるのだと感じます、
そして改めて社会に目をむけたときにそれまでの景色や考え方と

一風かわった、より強い何かがより主体的に感じていることでしょう、
これからどんな生き方をしていったらよいのか?

そんなさまざまな出来事をとおして、指しゃぶりをやめさせる方法を模索するよりもこれからのことを考える時期なのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク