中古バイクを売る際に失敗しないために、今からでも知っておきたい各バイク・オートバイの種類やモデル装備などについての解説


バイク選びというものは、人生のライフパートナー探しに似ているといわれます。ルックス派なのか中身重視派なのか個性がわかれるところです。

そこでまずは、こちらから各カテゴリーごとにバイクの種類を分類してみましたので、ぜひあなたのこれからもバイクライフがよりいっそう楽しくハッピーに充実したものとなるように、ここではその各ジャンルの一般的なモデルなどを紹介しております。

・オンロードモデル
長距離ツーリングに最適なモデル。またスポーツライティングなどにおいても活躍するオンロードモデル。ツアラー・スーパースポーツ・ネイキッド・ビジネスモデル・スーパーモタードなど。様々なカテゴリーのなかでも最も一般的なモデルです。

・アドベンチャーモデル
乗り心地もよく荒れた路面でも安定した走りを見せるアドベンチャーモデルはツーリングバイクとしても人気の高いモデル。オンとオフをクロスオーバーさせたデュアルパーパスなモデル。次々とニューモデルが登場している注目のジャンルカテゴリーのひとつです。

・オフロードモデル
その道なき道を切り開きながら走行するその走りは、やりすぎると行政から指導すらされる危険な行為は絶対にやめましょう。バイクは安全に走りましょう。そんな走破する機動力をもったオフロードモデル郡。高速走行を除けば、ツーリングなどにも使えるモデルです。

・クルーザーモデル
ハーレーダビットソンなどの代表されるアメリカンスタイルの王道的なバイクといえばこちらのクルーザーモデルになります。エンジンはVツインが主流。解放的な気分で走行できるクルージングできるそのモーターサイクルは今は全世界を虜にしています。そのドコドコとした躍動感を味わうならやはりクルーザーモデルの特徴です。

・スクーターモデル
今や原付バイクはもとより、大排気量車まで。その多種多様なモデルがグングンそろっているスクーター。クラッチ操作もいらず、イージーライダーにも人気が高いそのモデルといえばやはりこちらのスクーターモデル。利便性あふれる走りはまさにマイフレンドに近い感覚で乗れます。

・電動バイクモデル
ここ数年の間に密かに人気を集めつつあるモデル。バッテリーによるモーター動力で走るという点が、これまでの主流バイクと違うところです。バッテリーがさらに小型されて、質量エネルギー密度が今度さらに向上していけば、今よりもさらに普及されること間違いなしの電動バイクモデルです。

■中古バイク買取査定対応地域エリア一覧~北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知/三重/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄/

本サイトではあなたの希望に沿った地域で曜日と時間で決めるバイク専門の買取査定情報サイトです。全国各地でも出張できる中古バイクの買取査定なら、やはりココという情報が満載されております。

それに中古バイクに限らずに、例えば寒い雪の降る季節による冬に乗らなくなった中古車の買取査定などを考えられる方は、実のところかなり多いのが実状なのです。よく家電製品なのでもそうなのですが、ああ冷蔵庫買い替えないとなぁと思ったときが、変え変える時期なのだというのです。

それは中古車やオートバイクにも同じことがいえることですね。もしもあなたが今、その今まで乗っていたバイク。来年にもしかしたら乗るもしれないから、このままとっておこうかな?それとも思いきって売ってしまおうかな?などと考えておられるのでしたら、もしかすると今がその売り時なのかもしれませんよ。

それにしまして、今思えば当サイトの管理人ですが、当初は大型免許をとりに教習所に通っていたのですが、そこで見たバイクの教習の方々たちがなんとも楽しそうにしているのが目にとまって、自分も二輪免許をとりたいなぁなんて思ってしまったのが、そもそものバイクの免許をとった理由なのですが、なぜかバイクの場合ですね、試験にあがってしまって途中で諦めてしまおうかと思ったぐらいに緊張をしましたね。

大型免許のときは特にあがったこともなかったのですが、やっぱり風の抵抗を受けるバイクには緊張具合はくらべものにならなかったのかもしれませんね。それでも、自分自身に僕は負けたくなかったので、こんなあがり症を治すんだという大きな気合とともに、二輪免許を2回目で合格できたました。まあ一発合格はムリでしたが(汗)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク