介護福祉士を持っていてもレクリエーション介護士2級は必要か?


まずあれですね、介護福祉士の資格を持っているのであれば、無理をしてまでレクリエーション介護士2級は必要ないかもしれません。

それにもしあなたが学生ならば、独学しなくても演習カリキュラムのなかで、自動的にレクリエーション介護士2級の資格をとれてしまえる環境にいる方もいらっしゃることでしょう。

これはレクリエーションインストラクターの資格についても同じことが言えます。それに現場ではいろんなことがあります。介護現場にはいろんな持病が障害をかかえた高齢者が多くおります。

そして介護サービスを利用しているわけです。そのなかで支援させていただくのが私たちのお仕事なのですから。こういうことをふまえていくと、今後自分がどのような道にステップアップしていけばいいのか?

そしてそのためにどんな勉強をしていけばいいのか?とおのずと分かって理解していくことと思います。・・・もしそうならないのあれば、きっと仕事にたいして不満なことや怠惰な仕事ぶりになってしまっている方も少なくありません。

もしあなたが介護福祉士をもっていらっしゃるのあれば、その後は介護支援専門員という通称ケアマネジャーとよばれる方向へ行かれるのもいいでしょう。給料も介護福祉士よりも高いですし、ハードな現場の移動の介護や、入力介助の仕事から、デスクワーク中心にお仕事になります。

やりがいもありますし、今後のスキルアップにおいていかがでしょうか?独学でも通信講座でも勉強できる環境はばっちりとそろっておりますよ。

・レクリエーション介護士2級の求人や給料について

まずなんといっても自分の場合ですが、現在は介護支援専門員(ケアマネジャー)として日夜要介護状態になった高齢者の自宅や、または住宅型の有料老人ホームなどに入居されている方のケアマネジメントをする仕事についているのですが、そもそもこの福祉業界で働くことになったはじめの一歩は、デイケアなのですね。

まあ今では通所リハビリとデイサービスも同じようなかんじですけれど、どちらにしても私たち介護スタッフはリハビスはできないのですけれどもレクリエーションの現場などではデイケアでもデイサービスでも同じようなコーナーがありますので、そこが我が介護スタッフの本領発揮の場ということなのですね。

求人においても今は現場は人手不足ですから給料のことを考えなければそれなりに働くところは見つかるでしょう。しかしながらもっとしっかりと介護の仕事をやってきたいという方。

レクリエーションを通じて高齢者の方ともっと触れ合いたい方。レクリエーション介護士2級の資格と通じて日々の業務負担を軽くするだけではなく、もっと介護を受ける側も提供する方も良い作用・好循環が働き、さらに現場全体にスマイルをもたらる効果もあると信じます。

しかもレクリエーション介護士2級の資格は在宅で取得が可能なので、これから求人を探しているのだけれど、自宅から子育てなどででることができない。けれども来年には子供も保育園に行くことができるので、仕事を探しているのだけれどできれば給料もよいところで働きたいといった方にぜひ取得していただきたい資格のひとつですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク