資格取得へ向けての通信講座受講は投資であるのかどうか?


日本人の資格好きは世界のなかでもトップクラスのなかに入るそうですね。さすがは勉強仕事大好きな日本人ですよね。という私も介護業界で働いている者であり、国家資格であります介護福祉士のほかに、介護支援専門員という通称ケアマネージャーの資格を所有しております。

妻に関しては、介護支援専門員(略してケアマネ)のほかに、社会福祉士・精神保健福祉士。それにケアクラーク(介護事務)の資格も持っております。

私も免許系であれば、普通免許のほかにも大型免許・大特といわれるショベルカーなど運転できる免許。そしてバイクの免許もあります。・・・というように夫婦でも資格がどれだけ持っているかどうかとう一種のステータスになるといった点でも、どれだけ資格に対しての我々のステータスといったことについてのあらわれだと思いますね(笑)

まあそれはともかくとしてですね、今回のテーマは、資格取得へ向けての通信講座受講は投資であるかどうかといったことですが、これは間違いなく長い目でみれば自分自身への投資のひとつになるかと思われます。

私もケアマネージャーの資格を取得してその仕事についてから、給料面もアップしましたし、以前の現場に比べても仕事量がキツくないという。

・・・まあ友人にそんなことを話しますと、それは資格を合格した者の特権だということですが、まず私がケアマネジャーの資格取得に向けていったい自分はどんな勉強方法があっているんだろう?とまず自分自身と向き合うことから始めました。

小さい頃から、一点集中型で、勉強は嫌いだったので(好きな人はごく少数だとは思いますがwwww)それで、いくつかのスクール講座を比較していたんですけれど、どれがいいかもわからないので、とりあえず資料請求を一括して全部取り寄せました。

そのなかから「ケアマネジャー合格半年コース」というのが目にとまって「あれ?もしかして、これが自分にあってるかも!」と直観がピコーンと。
これ意外と大事でして。。あれこれ悩んでいる時間がもったいないんですよね。

それよかでしてら、早く自分なりの学習方法をみつけて、それが例え通信講座でも独学でもスクール教育でもなんでもいいと思うんです。なんでもいいからとにかく勉強しないと、なんじゃかんじゃいってもケアマネ試験に合格ってできませんからね。通信講座であれ独学であれ。

主人は市販の参考書だけで介護支援専門員(ケアマネジャー)の試験を合格しましたが、3回受けて合格ということでした。

だからといって、通信講座のほうが楽に合格できるのか?といえばそれこそ人それぞれでしょうし、点数をとればケアマネの試験には受かるのですから何がどう正しいというのは人それぞれでしょう。

だから、私のケアマネジャー合格必勝対策について何が一番大事か?と問われたならば、それは「とりあえず自分にあった学習方法を早く見つけること」。

結局のところ、これに尽きると思います。

まあそういった意味でも、どれが自分にいいのかって初めはわかんないですから、資料請求して見比べてみるのがケアマネ資格取得に向けての最善の策だと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク