目を使い過ぎると頭の付け根から首にかけてが痛くなったりする方へ。

最近はコンタクトをつけている人が多く見られるようになってきましたね。
ぱっと見はわかりませんが、よく目を見てみると通常の眼球よりも光っているのです。
コンタクトをつけている人が増えている。
それは視力に問題がある人が増えていると言う事です。

それは時代背景が大きく関係しているでしょう。
現代は兎に角画面とにらめっこする事が多いのです。

携帯しかり、テレビしかり、パソコン然り、ゲームもそうです。
そんな環境に囲まれていれば、自然と目に溜まる疲労はうなぎ昇りで増していく。
そして気がつくと視力が悪くなっています。

目が悪くなるのには他にも様々な理由が上げられるようですが、大抵の場合はこの括りの中に収められるでしょう。目は悪くなったら一生元に戻らない。だからテレビからはきちんと距離を取りなさい、と私は小さな頃によく言われていたものです。

そんな風に言われていたから、視力が悪くなったらもう治らないのだと思っていました。テレビに近づいて見ていた訳ではないのですが、現代社会で生きていた私はあっという間に視力が低下。眼鏡とコンタクトで日々を乗り切っていました。

仕事柄パソコンにずっと向かっているので、眼精疲労は募るばかり。そして眼科に行く度に視力は下がる一方。やっぱり治らないんだと思う反面、遠くの緑を見ていると視力が回復するだとか、果てはテレフォンカードの穴から遠くを見るとよくなるだとか、そんな噂を実行してみたりもしていました。

けれど結局どれも効果は無く、諦めていたその時にレーシックという視力の根本的解決の手術の事を知ったのです。これは角膜に手を加えて視力を上げると言う手術。

しかし、もし失敗したら?
それこそ本当に取り返しがつかないではありませんか。

それに費用的な問題もあり、私は怖くて手術をすることはありませんでした。
最近はネット広告等で頻繁にレーシックの広告を見ます。

ですがやはり恐怖の方が勝り、手術はしていません。
代わりにDHAのサプリやブルーベリーのサプリを飲むようになりました。

ブルーベリーは目の疲れを取る為。DHAは網膜や視神経を構成する脂肪の内の50%~60%を占めているのをネットで調べて知ったので、少しでも足しになればと思って飲んでいます。

根本的な解決になってはいませんが、こうする事で大幅な視力の低下が防げています。
万人に通用する方法では無いでしょうが…

後は目の疲れを取る為のマッサージ。
視神経は首の後ろの骨に集中しています。

目を使い過ぎると頭の付け根から首にかけてが痛くなったりする方へ。
それはそこに視神経が集まっているからなのです。

なのでその辺りを指圧などで刺激を与えてやります。
本当は整体師にやって貰うのが良いかもしれませんが、忙しくてなかなか通う事が出来ず、やり過ぎないように気をつけながら痛いと思う場所、凝りの様な物を感じる場所を揉み解しています。

そして最後にインターネットで見つけた目のトレーニング。
画面にあるスクエアを丸い点が移動して行くのを裸眼で目で追うものです。

ニンテンドーDSの右脳を使うゲームを考案した方が作った視力回復ソフトにも同じトレーニングがありました。私が見つけたサイトでは視力回復には時間がかかります、と書いてありましたが、何もしないよりはましだと思い、そのトレーニングも行っています。これからの時代にもっと有力な視力回復方法がうまれるのを願っています。




SPONSORED LINK

フォローする