フラット35から借り換えのデメリットについて

こんにちわわ、犬も猫も大好きなアソブロ(@asoburo)でございます。

先日のこのようなツイートをいたしました。

お昼ですね、節約投資のブログがかなりほったらかしなんですが、復活させようかと思ってます。投資信託解約してそれを住宅ローン返済に回した話したりとか、庶民的な実体験をもとにお金に関した内容のブログです。

ええとですね、まずなんといっても、フラット35からのメリットといいますと35年間ずっと変わらない固定金利だということですよね、これって今現在では超低金利の世のなかですけれどこの先、10年や20年後の経済状況など誰にも総理大臣でも分からないと思うのです・・。

そのあたりがフラット35メリットになるのか、はたまたデメリットになるのかの分かれ道ですね。

それでも住宅ローンを組むうえでも連帯保証人も必要なしということもあり、また繰り上げ返済の手数料がかからないといったこともかなり節約になりますよね。

そのうえ、たとえ正社員でなくても派遣や契約社員であっても比較的容易に銀行による厳しい審査がない点も「フラット35」の大きな魅力となっていると思います。

そう、なんでも最初が肝心なんですよね。

それでもまた、返済期間中でもサポート体制にも充実しておりまして、生活や収入などにもいろいろと返済が困難になった際にも相談にのってくれたりするサポート体制も充実しております。

それでもただし、金利や手数料は、各銀行によってそれぞれ違いますのでこちら当ブログでチェックしてみることをオススメします!

フラット35による借り換えのシュミレーションもこちらのサイトでしたら、可能ですし、住宅ローンの借り換えや変動金利や固定金利などの相談にものってくれますので大変便利です。

また金利の推移なども確かめるためにもこうした便利なサービスは活用したりすることをオススメします。

それでも将来のことはだれにもわからないですが、やはり今現状を考えるならば、固定金利が断然におすすめだと、これは鉄板だといえるでしょう。

住宅ローンの金利につきましては、まず、変動型に固定型、それに固定期間選択型などがございます。

変動型に関しますと、半年ごとに金利や変わります。そして固定型はそのまま固定の金利になります。

で、筆者も労働金庫で住宅ローンを組んでおりますが、固定期間選択型です。これはある、私の場合ですが10年間は固定金利ですよね。




SPONSORED LINK

それからは変動型に変わるという流れになってます。

自動的に切り替わりますので、ただ筆者の場合ですと、そこまで高い物件を購入したわけでもないので、青森市で1350万円の中古物件です。

しかも残り580万円程度で、残り固定金利で5~6年ございます。

なので、そこまであせってはいなのですけれどここ最近の超低金利化の現状を・・ああいいなぁ・・と思ってしまう自分がおりまして(笑)

できればもっと金利を安くしたいなぁという、いい匂いを嗅ぎつけて例えばこういったサイトでチェックしているわけですが。

こちらになりますが・・。
住宅ローンの繰上げ返済でのコツ!手続きのタイミングはいくらから?

さっそくコチラでチェックしてみましたか?でもですね、こういうのってかなりいいですよね。

なんか調べる前とかは、なんかまあ銀行の乗り換えってもっと手間と手数料がかかるのかなぁなんて思っておりましたが、こういったサイトでチェックしますと、

意外や意外。

そこまで手間ひまもかからないじゃない、ってのが感想です。自分のマイホームをもつことって人生のなかでそうそうあるもんじゃありませんが・・、

もし、そうなったときに慌てないためにも情報収集って、とっても大事ですね。

と、しみじみ今ではそう思います。なんやかんやいっても、世の中お金が大事です。といった意味でも金利はやはりできるだけ低いに越したことはないと思うのです。

投資信託を毎月組むよりも住宅ローンを早く返したほうが絶対お得です。カーローンでも毎月どれぐらいの金利がとられているか計算するか、、なのでうちは車も現金一括ですがみんなどうしているんだろう??

先日にこのようなツイートをしましたが、これは明らかに真実です。しかももしもあなたは今後におきまして、投資信託を毎月組むようなことがありましたら、絶対にネットバンクを利用することを強くおすすめします。

ネットバンクのほうが圧倒的に手数料が安いからなのです。

まあ、それにしても案外このようなことが真実をついているの、かもしれませんね。

フラット35とは、ふらっと「新築住宅」を見学して35年ローンをふらっと組んで35年ローンをふらっと払い続けることを「フラット35」というんですって誰かが言ってました。

ぜひ当ブログがあなたのお役に立てることを願って、今後も有益な情報をお送りしていきたい所存です!




SPONSORED LINK

フォローする