新築住宅を購入すると、固定資産税が半額になるって本当なの?

住宅ローン・・できれば早く返してしまいたいのが本音ですよね。

しかも初めはなかなか減りませんよね。

それでも早く返したほうがよいのは理想ですが、先日このようなツイートをしたのですね。

一年に一回ぐらい壮絶な夫婦喧嘩するんだけれど、結局「住宅ローン払い終わってから再度そのときに考えよう」と。あと残り550万ぐらいなんだけど、意外と夫婦円満は夫婦連帯でローン組むことかも?連帯ローン解除するの凄い手間だし、結局「昨日はごめんね」で解決するという

そもそも中古住宅がよいのか、それとも新築の住宅がよいのか?いやいや賃貸こそが最強でしょ?っていう意見もありますよね。

持ち家が資産じゃない、などといった議論は、まあそれはそうなんですけれどもね、精神論も含めた話になってくると、あと地域性ですよね。

それらも総出で言いますと、青森市という地域に限っては私は持ち家派なのかなぁ~って思いますが、でもその反面、仮家借りたほうが楽なのかなぁとも思います。

貸し家の場合は、どこか(例えば水道管など)壊れた際には大家さんに電話をすれば業者さんなり呼んでもらって直してくれますからね、それが持ち家となるとそうはいきません。




SPONSORED LINK

あと、固定資産税もバカにはなりません。

賃貸アパートや、貸し家の場合ですとそもそも固定資産税は大家さんが払ってくれますので、毎月の家賃代のほかには、火災保険代ぐらいでしょうか?

しかもだいたい2年契約ですからね、貸し家のほうがまあお得といえばお得なのかもしれません。

それでも地方に関しては、新しい家を、いわゆるマイホームを持つ方が圧倒的かもしれませんね。

私の場合ですと中古なので、そこまで住宅ローンはあれですが、新築住宅ともなりますと・・住宅ローンも、なかなか減らないでしょうね。。

そんな、それでも新築マイホームが欲しいといった方に朗報です。なんと固定資産税が半額になるんですよね。

これは私も、知らなかったですね。といっても断然中古派だったこともありますが・・ただし市町村によっても地域によっても違いなどございますので、最寄の市役所に聞きにいくか平日に電話をするのが一番です。

お役所様は、意外ときちんと丁寧に教えてくれますので・・まあ人によりますけれどね。。

それとあとはですね、大手のダイワハウスさんなどは建物の長期保証も優遇されているので新築住宅を建てる予定がある方などは一度検討してみてもいいかもしれませんね。

またあとは余談ですが、私も知らなかったのですが、住宅を購入する際に親からの援助に税金がかかるなんてあなたは知っていたでしょうか?

まあうちでは親から援助はうけていないのもあるのかもしれませんけれど、なんと1310万円以上の援助、つまり住宅において親から援助を受けると税金がかかるということなのですね。

まったく、いやはや。日本は税金大国ですな~(しみじみ)

あと、先日にツイッターでもこうしてつぶやきましたが、

そうなるとあれですね、550万返したら今の自宅を貸し家にして新しい住宅ローンを組んで新しい家に住むのはどうだろう?そうなればまた連帯ローンで夫婦喧嘩しても離婚にならずに、しかも不動産大家にもなれる、おお!素晴らしいアイデアではないですかね?

まあこういった経緯を含めますと、新築住宅を購入すると、固定資産税が半額になるって本当なの?という議論する意味があるのかないのかということまで考えてしまいますよね。

おはようございます。家族は喧嘩も含めて家族ですね。でも今日かしばらく禁酒生活に入ります。色んな意味でデトックスモードで今日からまた色々あるけど頑張りましょう❗気合いだ~

その後の昼はこのようなツイートでした。

お昼ですね。本業がだいぶバタバタしてますが、本業も復業も家庭もうまくイルカが泳ぐようにスイスイと泳いでいきたいですね、午後も頑張りましょう。

どちらにしても新築住宅を購入すると、固定資産税が例え半額になったとしても、その住宅ローンという多大なるローンという名前の借金生活を長い間送ることとなります。

35年ローンを組んだからといって変動制などでローンを組んだりすると、本気で35年でもローンが返せないとなり、せっかく新築で建てた家を手放す人だって実際いるのです。

マイホーム。・・賃貸住宅のほうが本当はよかったのかな?など迷うこともあるかと思いますが、答えはないのですよ。中古であれ新築であれどちらにせよよっぽどのボロボロ中古戸建でもない限り住宅ローンは組むことになるのですから。

そこに問題の比重をおいても意味はないのです。
またそのあたりはおいおいと当ブログでも解説して参りますので、

そんこんなで頑張って行きましょう!




SPONSORED LINK

フォローする