青森の酸ヶ湯温泉を日帰りで行くならバス?レンタカー?

正月は、青森の酸ヶ湯温泉に行ってきました。
雪がすんごくて、これはとてもじゃないけれどバスでおとなくし行っていればよかったなんて、ちょっこ後悔しちゃったけれども、行ってしまったものはしょうがないですよね。

でも料理はすっごく美味しかったんですよね。
ぜひ、ここでチェックしてみてください。
↓↓

ね?でもレンタカーっていう手もあったんですがね。あとバスとか。
というのも、愛車・・手放す、最後の旅行だったんですよね。

いつの日だって最後のお別れってなにも愛車や中古車などに限ってことでもなくて、
人間関係のなかを考えれば、そんなのいくらでもあることですよね。

それでも愛車の別れって号泣するほど寂しいですよね。それは確かなことだと思います。実際に私だって自分がまさか泣くとは思いませんでしたね。自分でも驚いてるんですよね。

車を手放すときには泣くはずがないとおもっていたのに、号泣してしまいましたもんね。

愛車を手放すときって大切だった恋人との永遠の別れ・・・そんな感覚にもしかして、近いのではないでしょうか?

そうなんですね、実際のところは感覚はクルマも人間も実のところ、同じような感覚に近いのですね。

そういった意味でも、もうホントに車の買い替えはとにかく寂しいものですよね。愛車を手放すといった辛い経験は誰よりも私もわかっているつもりです。それでもそんな愛車が高く売れたら逆に笑顔になると思いませんか?

インターネットを活用した一括査定サイトを利用することで、あなたのその愛車がどこよりも高く買い取ってくれる車買取専門店がすぐにみつかります。それはリアル店舗での買取業者で査定してもらう手間暇を考えると、本当に楽ですよ。

愛車との最後のドライブは、これは儀式のひとつなのだと・・・。とそんな別れを思い泣きながら最後の日愛車との別れに泣くことを思いだしながらこの文章をしたためしてみました。あなたのお役にたてたとしたら、おおいに光栄に思います。

愛車との別れに思いっきり泣いてください。寂しいのは誰しもが同じことです。それでも当サイトで号泣する前に知っておきたいコト・・それは、愛車をより高く売ることになります。ぜひ当サイトであなたの愛車を高額査定してみてくださいね。

きっと笑顔になるはずですよ。笑顔のあとは、きっとあれもこれもいい思い出となるのでしょう。そしてまた花は咲くのです。そして青い森のような景色が辺り一面に、そして夏がきます。海にいってもいいでしょうし、あたらしいクルマとともに山までドライブすることもいいでしょう。

もちろん愛車を手放したからといって、新しい新車を買うことは罰だとも思いませんし、たとえ人が何と言おうともあなたはあなたなのですから、人からなんといわれても気にすることも毛頭ございませんよ。

愛車といえば、去年のクリスマスに子どもにこちら
サンタクロースからだよ、ってプレゼントしました。

ココだとやっぱり超安いですよ。かなりお得ですよ。
↓↓

ね?スゴイでしょ?

あなたは自分らしさをほこりに思ってもいいのですよ。もっと自分に自信をもってもいいと思いますよ。クルマを手放していろんなことが分かると思います。

実際に自分の足で歩くことで、今までに見えなかった風景が目の前に広がることでしょう。そして夏から秋へと季節への変化も五感でフルに感じ取ることができる実感をもつことでしょう。

それは今までにあなた自身が味わえなかった感覚ですから、それはそれで新鮮なことに想えるかもしれません。そして枯葉が木の枝からポロリほろりと落ちてくるころには、もう町は冬の匂いを発します。

私自身、今年早速クルマを手放したわけですが、楽天p-トでけっこう高値で売れましたね。

それでもね、私は決して後悔はしていませんよ。手放す後悔はしていないにせよ、クルマの売却が決まってから、その愛車とのお別れの儀式を込めて、最後の日をよりいい思い出にするために、遠くまでドライブをしてきました。

号泣する前に知っておきたいコトは、それは最後の日の思い出を大切にすることです。これはクルマでも飼っている動物でも人間関係においてもまったくの等価だと私はホンキでそう思います。

最後のドライブは、車とのお別れが寂しい私にとって、その愛車との大切な会話になりました。車で最後のドライブをしながら、互いに語り合えたような気がして、今でもときどきそのことを写真を観ながら泣いてしまったりすることもありました。

でも何度もいいますが・・料理はすっごく美味しかったんですよね。
ぜひ、ここでチェックしてみてください。
↓↓

まああそれでもあれですよ・・愛車を手放す経験って誰しもがいずれ通らなければならない寂しい体験なのかもしれません。おもいっきり泣いてください。そして笑ってください。号泣したそのあとは、その風景にはあざやかな虹色の風景が目の前に広がっているはずですよ。

だから、あなたも愛車を手放す最後の日を決して後悔しないでください。怖がらなくてももう大丈夫ですよ。節約とかなにも関係ないんですよ、そもそも。なにいってんだか自分でもわからなくなってきましたが、もうこれは儀式なんだって自分にも言い聞かせている最中でした。




SPONSORED LINK

フォローする