ワンルームマンション投資は得か損か?物件リスクや節税メリットは?

ゴールデンウィーク中に東京で仕事をしているU君(仮)と久しぶりに会うことになって、銭湯でダラダラとお互いの近況報告などしながら長風呂をしながら語りあった。

U君とは青森での高校時代からの友人で、大学が東京でそのまま都内で就職をした。

いっぽうの僕といえば、ふらりと東京生活を送ったもののフリータ生活。
東京でとくになにをするわけでもなくだらだらとした生活を送っていた。

アルバイトの掛けもちや、あまり表ではいえないような仕事をしたこともあり、なんだか東京生活にも疲れ果てて実家の青森に30歳近くで帰省をした。

それから介護関連の仕事に就き、現在は介護支援専門員として働きながら、株や投資信託。最近では仮想通貨投資にもチェレンジをしている。

ちなみにカブトムシ飼育にもチャレンジしたが、・・結果は散々だった。ごめん・・・カブトムシたちよ。僕がいたらなかったばかりに・・。

と、いっぽうU君といえば、都内でいくつかのマンション投資をしながら会社員として仕事しながら不動産収益もかなりのものになっているという・・・。

U君とは去年の夏もあったりして、その影響からか僕も不動産投資に興味をもったものの、なんせ手持ちの資金がない。

として、中古戸建のボロ物件投資に挑んだものの、50万のボロ物件があまりにもボロすぎて観にいったさいに、床が付きぬけそうになり、危うくケガをするところで、・・・ちょっとまだ俺には不動産投資をするには・・、とちょっとフェードアウト気味であった。




SPONSORED LINK

ワンルームマンション投資の物件リスクについて

U君がいうには、やっぱり地方でのワンルームマンション投資は得か損かとなった場合において、・・やはりおおきなリスクがあるという。

やはりそれは人口が減っているリスク。空き家対策でそもそも地方の場合においてワンルームマンションの需要がないという。

じゃあ・・

やっぱり地方ではボロ物件投資が一番なのか?

「それは違う」とU君は言った。

地方にたとえ住んでいたとしても、都内にワンルームマンション投資はできる、と。やる気と多少の資金さえあれば、それは可能だ、と。

これから東京オリンピックがひかえており、ますます都内での不動産投資における需要は大きい。投資信託に毎月お金を投資するぐらいだったら、ワンルームマンション不動産投資をしたほうが儲かる、とU君は言った。

「だけど・・・さ」と弱気な僕は言う。

「僕はコツコツ型だから、さ」と銭湯の夜空を見上げると満月に限りなく近い月がでていた。「こつこつ投資信託。それにイオン株あるだろ?100株かえば3パーセントのイオン系列でショッピングしたさいの割引カードが株主優待としてもらえる。そうした節約生活も悪くない。」と僕は言う。

「それも分かるよ」とU君は言った。

「節約は大事だよ。かのウォーレン・バフェットだって株式投資で大成功したあとも質素な生活を心がけているほどだもの、わかるけれど、不動産投資は投資のなかでも、もっともリスクが少ない投資だと、『金持ち父さん・貧乏父さん』でも書いてあるだろ」

「ああ、ロバート・キヨサキね。俺も読んでだけど、会社つぶれたんだろ?

「あれは計画倒産だということらしいよ、・・・グレイかもしれないけれど、節税対策にもなっているみたいだからね」とU君は熱いのか、いったん湯船からあがり、岩のところに座り込んだ。

5月の夜空の風はまだ肌寒いようで、数分も経つとまたU君は露天風呂に入り込んだ。

結局のところワンルームマンション投資は得か損か?

「じゃあ結局のところ都内でワンルームマンション投資をすれば今なら絶対儲かるわけだね?」と僕がそういうと、U君は、

「・・・投資に絶対という言葉はないんだぜ?」と言った。

U君は大きくため息をついた。
・・・もうそろそも銭湯に入って2時間もたっていた。

それから僕たちは、銭湯からあがり、東京でなかなか海も見れないというので、まあ海でも見るかい、という話になったのだけど、お酒が飲みたくなった僕はU君に車の運転を変わってもらい、近くのマックスバリューでチューハイを何本か買った。

もちろん、イオンの株主優待券で3パーセント割引で購入した。
ちなみに株主優待目的に株を買うならネット証券がかなりお得である。

手数料がほとんど缶チューハイ1本分ぐらいの手数料で株が買えてしまう。

それからまた海をみながらU君の不動産投資の談義が始まった。

とにかく節税目的にもなるのがワンルームマンション投資のいいところだという。確定申告の際も有利になる節税で、ロバート・キヨサキ氏の本でも書いてあるとおり、不動産はもっとも税法上有利になっていることは確かなのだ、と。

それはわかる・・・わかんだけどなー。とあと一歩が踏み出せない僕がいる。。

あとは、不動産だと管理が面倒だというけれど、だいたいにおいて素人が管理できるわけがない。そこは不動産会社がやってくれる。もちろん管理費はかかるけれども、それを入れたとしても利益はでる、とU君は言う。

また利回りが低いとよく言われるが、不動産投資のメリットは利回りのよさではなく、長期的に不労所得の収入がはいってくることがなによりもメリットだし魅力なのだ、とU君は力説した。

「もちろんね、まあ不動産投資なかでもいろいろあるよ、たしかに・・例えばそうマンション経営タイプの賃貸から中古戸建や新築賃貸。それにアパート経営に投資用不動産用としての土地に投資することもできるのが不動産投資の大きな魅力だ。

だけど、これから不動産投資をはじめてみようという人には、僕ならワンルームマンション投資をやはり一番にオススメするけれどね、」とU君は少し顔のシワの眉間を寄せながらそう言った。




SPONSORED LINK

フォローする