auからuqモバイルに乗り換えはお得か?損か?違約金は?

いきなりだけれど、僕はこの世界で「押し売り」ほど嫌いはものはない。
先日、あまりおおっぴらには言えないのだけれど、仕事中に電機屋さんに行ってたきた。

それは前々から気になっていたauからuqモバイルに乗り換えについてである。というのも、どうやらauからuqモバイルに切り替えをすることによって、かなりの毎月の料金が安くなるという情報を本や雑誌などで得て、

「ああこりゃーかなりの節約もできるなぁ」という気持ちもあり、とりあえず町の電機屋さんで聞いてみようということ青森市内のケースデンキに入ったであった。

・・が、しかしである。平日の青森市内の電機屋はガラガラである。
店員さんも、なぜかソフトバンクの制服をきたおばちゃん店員しかいなかった・・。

僕としては、やはりケータイ関連の店員さんにおいて、多くの男性がそうであるように、ちょっとばかし香水のいい香りがする若いお姉ちゃんあたりを想像した、するはずである。

が、しかしながらその日はどう考えても、スーパーのレジ打ちでよくいるようなおばちゃんだった。
しかもソフトバンクもそれなりの制服を着ているものだったから、違和感はなおさらだ。汗

そして、僕は、そこで話かけようかしまいか迷っていると・・・
ソフトバンクおばちゃん店員は、「なにか、お探しですか?」と言った。

「ええ、まあ。UQモバイルが、気になってまして・・」と僕がそういうと、
「そうですか、それではおかけになってお待ちください」とおばちゃんは言った。

僕が、座らせてもらったのはなぜかソフトバンクのコーナーだった。
そこで、「今は機種をどちらをお使いですか?」とおばちゃんにそう聞かれ、

「はい、今はauです。auからuqモバイルに乗り換えするとお得だと聞いたもので・・」

「そうなのですか・・。でも今キャンペーン中でソフトバンクでもお安くなりますよ」

「え?・・・あ、安いのはわかるんですけど、僕はauなので・・」

「インターネット回線はどちらをお使いですか?」とおばちゃんはするどく言う。

「え?・・・あ、ええ・・と、ヤフー・・ヤフーBBです」と僕がしどろもどろにそういうと、

「でしたら、なおさらお安くなりますよ」とおばちゃんはなれた手つきでアイパットをパチパチっとやって画面を僕の前に提示してきた。

「今、お客様のご自宅のインターネットをそのままヤフーBBからソフトバンクに乗り換えますと、同じ回線で工事もかかりませんので、すごくお得になりますよ」

「あ。・・でも、僕はauで、・・」と、そのときチっと舌打ちが聴こえたのだ。

え??なんの音だ?と僕はそう思った。

たしかに・・・・あのとき、おばちゃんのとてもそれは小さな音だったのだけれど、たしかにそれは舌打ちに違いなかったのを僕は今でも記憶としてたしかに残っている。

「・・auのスマートフォンでご自宅がヤフーのネット回線ですと、今このキャンペーン中にソフトバンクに乗り換えしますと、これぐらいお安くなります。

・・そして今週だけこちらのスマートフォンです、ソフトバンクですが、ご夫婦でセットで申し込まれますと、さらにこのぐらいのお値段になりますよ」

と、おばちゃんは、僕の左手の薬指を見つめながらそう言った。
・・もう、僕はここから今すぐ立ち去るべきだと、そう思った。

「すいませーん、じゃあパンフもらって、と。帰ってから嫁と相談してみますね」
と、僕はあのとき、自分にできるかぎりのありったけの笑顔でそう言ってその場を立ち去った。

おばちゃんは「ああ・・・ビンゴゲーム、やっていかないんですかー?」と少し声をあらげた風な言い方で、そういったのだけれど、僕はかまわず、エスカレーターに乗り、そのままダッシュでその場から立ち去った。




SPONSORED LINK

で、結局auからuqモバイルに乗り換えはお得なの?

ふう、やれやれ、だった。
それでも、結論から言うとauからuqモバイルへの切り替え・乗り換えはかなりお得であった。

あのとき、あの電気屋から逃げ出し、仕事が終わり自宅でその夜に子供たちを寝かしつけてから、インターネットでuqモバイルについてかなり調べた。

通信速度も今までよりも速くなることや、話し放題がついていて、今よりも安くなるということなど。

しかも驚いたことは、店頭などで申し込みをするよりも、インターネットを通じて申し込んだほうが、はるかにお得であるということであった。

WEB限定におけるキャンペーンというものがあり、結果的に店頭で申し込みをすることよりも、かなりお得であるということは、むしろあのとき不親切な対応をしてくれたソフトバンクおばちゃんに感謝してもいいのかもしれない、と僕はそのとき思った。

だって・・、もしもあのときUQモバイルのコーナーに僕好みの女性店員で、しかもしれが至極丁寧な応対をしてくれたりしたら、僕はもしかしてその場でauからuqモバイルに切り替え契約をしてしまったかもしれない。

しかもWEBでの申し込みでのキャッシュバックキャンペーンがいつまでやっているか定かではないのだけれど、僕はそのときWEBから申し込みをして、本当によかったと今でも思っていることだけはここに記しておくことにする。

そして、あのソフトバンクおばちゃんへのお礼とご自愛を込めて。笑

auからuqモバイルに乗り換えにおける違約金はどれくらいかかるのか?

これはauでの更新月というものがありまして、あなたが例えば6月にauと契約したとしますよね。そうなりますと、その6月に解約すると解約料金が発生しないということになります。

もちろん2年縛りでの契約やスマートフォン代の支払い分がまだ残っている場合は、さらに別途料金がかかることにはなります。

それでも更新月じゃないから、といっても長いこと例えば僕でしたら10年ほどauでした。そうなるとですね。

そしてまた、更新月じゃなくても違約金が数千円になりますので、長いこと使っている方でしたら、お安くなりますのでそこまで神経質になることもないのかもしれません・・・が更新月のほうがお得なことは間違いありません。

また、UQモバイルを契約する際においても、また2年縛りがございますので、そこは気をつけて大手キャリアと同じく1年などで解約しますと違約金が1万円ぐらいといった金額が発生いたしますのでご注意くださいね。

また、UQモバイルはauの回線を利用する格安SIMとなっておりますので、あなたがもしもau以外の大手キャリア。ドコモや、ソフトバンクなどの利用であった場合は、UQモバイルはおすすめしません。

ただしあなたがauをお使いで、今よりさらにスマホ代の節約をお考えの場合において、それはとてつもないコストパフォーマンス性を発揮すること間違いなしですよ。

まずさきほどもいいましたが、回線速度の速さにはビビります。・・、まあ速いです。

使えばその速度にはあなたも驚くはずです。しかも通話重視のユーザーでも納得のいく毎月のお値段は、これも納得するはずですよ。

auユーザーなら、まず乗り換えても後悔・失敗しない格安SIM。それがUQモバイルとなります・・・・。ふう・・あのソフトバンクおばちゃんよりはうまく説明できたかな?笑

それでもしいていいますと、UQモバイルのライバルがおりまして、その名は「mineo」。

「mineo」の格安SIMはドコモにもauにも対応している優れものでして、そのあたりを比較して、よりあなたの節約投資生活をさらにお得になる情報をお届けいたします。

auからuqモバイルに乗り換えを検討されている方でも、まずはここで「mineo」の格安SIMにおける情報をシャアして参りますので、決めるのはそれからでも決して遅くございやせんよ。

格安スマホ「mineo」対「UQモバイル」どっちが安い?使いやすい?

さて、それではauユーザーなら、格安スマホ「mineo」対「UQモバイル」どっちが安いのか?そして使いやすいのかについて、ここで徹底的に解説しようとしていたのですが、・・・なんせどちらもキャンペーンが多すぎなんですよ。

なので、ここで書いているときには、次の週では別のキャンペーンが開催していたりして、まあ「mineo」も「UQモバイル」もどちらも格安スマホ&SIM競争の荒波のなかで抗争中なので、致し方ないことなのですが、

そのため価格などは、それぞれの公式サイトをご覧になっていただくのが一番の正しい選択枝だと思い、こちらからそれぞれの公式ホームページを紹介しますので、価格などはこちらからチェックしてくださいませ。

▼mineo公式サイト

▼uqモバイル公式サイト

いかがでしたでしょうか?それぞれチェックしてみましたか?

公式サイトを、僕が見たときにですね、まあ「mineo」は安いのは安いのだけれど、高速通信容量なども視野に入れた場合、「mineo」よりも「UQモバイル」のほうが結果てきに安くなると思いまいした。

また安さだけでなく、「UQモバイル」のほうがauユーザーからの乗り換えも楽だというこもわかりました。

乗り換えが、必ずしもお得とも限りません。むしろ場合によっては損することも・・?

ここでは僕自身の個人的見解ですので、あなたにも当てはまるかどうかは・・ちょっとアレですけれども。

今の格安スマホ業界は、もうキャンペーン合戦の真っ最中で、それにともなって大手3大キャリアも、それにともなって価格プランの変更の見直しも行っております。

僕の使用しておりましたauでしたら、ピタっとプランというものがありまして、データー分を使ったら使った分だけ支払うという形になったのです。

これあまりauショップに行かない方には、知らないプランです。格安SIMになにも乗り換えなくても、そのまま大手3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、AU)のままでも、今より節約できるお得なプランがある可能性大ですので、まずは週末迷わず、ショップへレッツゴーーですよ。

焦って格安SIMにして、あとで後悔するよりでしたら、よっぽど大手キャリのままのほうが何かあったとき(特に地方にいる場合)ショップがそもそもないといった場合、かなり不便といえば不便。

こちら青森市内もですね・・、ヤフーモバイルのショップが閉鎖になったところもあったぐらいで。汗

ヤフーモバイルユーザーの友人は「壊れたとき、不便だよねー」とか言ってましたね。

これは僕も同感でしてね。ただね、最近あった話だったんですけれど、スマホで出会い系サイトを見てたらフリーズしてですね。笑

いや僕、出会い系ブログもやっていて、それでライバルチェックしてたんですが、フリーズ画面は出会い系サイトなわけですよ。

見た人が、どう思うかは想像がつきますよねー。笑
いやーあんときはあせったあせった。。。

かなり慌てましたよー。
なんせスマホがフリーズとか初めてだったので。うわーめんどくせーウイルスにやられたか?とか仕事中(しかも午前中、笑)だったので大慌てで・・とりあえずauショップに駆け込みました。

軽く1時間は、修理にかかるのかなぁなんてあせってましたが、なんのことはなく、強制終了の仕方をおしえてもらって、わずか5分で直りました。

で、これがUQモバイルの格安SIMにすでにしてしまったのですが、そういったトラブルぐらいでしたら、機種はauのままなので、それがバレない限りはauショップの店員さんも対応してくれるでしょうけれど、これがUQモバイルになってしまていると知ったら、まあ人間ですから対応も変わるでしょうね・・・・

そのあたりはデメリットといえばデメリットです。ですが、確実にauからuqモバイルに乗り換えはお得です。値段的にもベリーグットなことは確かです。

値段的にも速度的な面においても乗り換えるメリットはございます。

携帯電話の契約会社をドコモから楽天に変更しました

女性(33歳)

月々一万円以上支払っていた携帯料金を五千円以下に押さえることが出来ました。年間では六万円ほど節約することが出来ています。二年契約の満了時に変更したので、違約金も特に掛かりませんでした。電話とラインさえ出来れば良いので、格安スマホでも十分でした。

また、仕事用の電話を解約し、スマホに050plusのアプリをインストールしました。新しい番号で月々324円~掛かりますが、同じスマホで私用の携帯番号と仕事の電話番号を分けて使えるのですごく便利です。

電話料金も通常の電話より安いため、仕事用電話料金が千円以下まで下がり節約出来ました。

20代の前半の頃、投資信託を始めました。初めてで不安だったため10万円ほどの金額でしたが、一時期は1万円以上値上がりしたので大喜びしました。しかし、しばらくしてから原価割れをしたため解約を検討しました。

もう少ししたら上がるという情報を信じて様子を見て、なんとかマイナス無く解約することが出来ました。たまたま運が良くて損はしませんでしたが、少額ながら金融商品の難しさを知りました。

auからuqモバイルに乗り換えした感想です

男性(41歳)

家族のスマートフォンをメジャーなキャリアから格安simにナンバーポータビリティで切り替えたことで家族二人で月額15000円だった通信費を月額7000円程度に下げることに成功しました。

通信速度は低下しましたが外出先で動画のストリーミング配信を見るわけではないので、さほど気になることではありませんでした。

友人の成功の体験談を聞いてFXに手を出しました。しかし、欲張ってしまい、南アフリカのランドなど高い利率の通貨に手を出してしまい、為替の変動に耐えきれず、結局損をする事になってしまいました。

短期的にギャンブルができる精神的に強い方や、欲張らずに長い目で見る事ができる欲張らない方であればおすすめの投資です。

携帯電話の契約をソフトバンクから楽天モバイルに変更した

男性(30歳)

クレジットカードで溜まった様々なポイントを楽天ポイントに集約した。光回線を引かずに中継器を使用してランニング費用ゼロでネット環境を構築した。

不要な服や家電製品を捨てずに中古品買取業者に売却した。オール電化にしてガスと併用の場合より基本料金を削減した。自分磨きとしてITパスポートと基本情報技術者試験を受けて合格した。

息子の成長の手助けの一貫になるとなると思ってかけっこの練習を手伝った。子供たちの将来の教育費として学資保険を契約した。

使い慣れたノートPCだったが8年程使用して動作スピードが遅くなってきたので新しくてハイスペックなノートPCに買い替えた。

auからuqモバイルに乗り換え以外にも毎日の節約が大切です

私がおすすめするのは、毎日の節約術です。さらに、エクセルで家計簿を作り、出費の無駄をなくすようにしました。

節約に力を入れたのは、食費と光熱費の2点です。

まず食費については、外食、コンビニの利用を減らし、スーパーでの買い物をメインにして、自炊をします。

その中でも、おすすめの一品がニラもやし炒めです。

中華スープの素、オイスターソース、紹興酒で味付けすると、お店の味になります。豚バラ、にら、もやしは比較的安いうえに、栄養、野菜も取れて、ごはんがよく進みます。

光熱費については、エアコンを使わない、ポットを使わない、トイレの無駄な電源は切る、クリーナーを使わず雑巾で掃除する、ということを試してみました。

以前は、食費に月3万円、光熱費に冬は2万5千円、それ以外の季節で8000円くらいでした。節約を実践してからは、食費が1万2000円、光熱費も、冬は1万5千円くらいにできました。

ここで注意が必要なのは、完全に自炊をするのではなく、2週間に1度、外食や、好きなもの買って食べる、というルールを作ることです。毎日節約しすぎると、反動がきて、挫折してしまいます。

2週間に1度ごほうびを設けることで、ありがたみも実感でき、健康にもなれるので一石二鳥です。

エクセルで家計簿を作って、その日に使った金額を項目ごとに打ち込むと、残りの残高が自動的に表示されるので、節約意識が高まりました。




SPONSORED LINK

フォローする