胸毛とかケツ毛とかこの夏どうしよう?やっぱ脱毛クリーム除去したほういい?

毛の多い生涯を送って来ました。

高校卒業する頃まではそうでもなかったんですけれど、ハタチぐらい超えたぐらいから足のももの部分の毛、そしてスネ毛ですね。

しだいに毛は全体に覆われていくのでした。それはまるでなにかのアメリカのホラー映画かSF映画にでもでてきそうな、グワーンとした感じで。

その毛は、スネ毛、もも毛からケツ毛まで広がっていき、下半身から上半身へと・・・。腹毛はもちろんのこと、胸毛まで生えてくることになるとは・・。

マジで20代の頃は毎年、夏になると剃ってましたね・・。そして剃れば剃るほど濃くなるという悪循環ね。笑

今だからこそ、こうして笑いながら話せる話なのですが、今から10~20年前の若い頃は、正直もうそれこそ心底悩んでました。

どうして俺ばかり、こうも毛が多いんだ?胸毛とかアメリカのロック歌手とかに生えるものなんじゃないのか?

こんな東北の田舎生まれの腐れ文学かぶれ気取りの僕にどうして毛がつきまとうんだろう?あの頃の僕は、およそ短編集一冊分ぐらいできあがるぐらいに、毛の悩みにさいなまれておりました。




SPONSORED LINK

ケツ毛とか抜くのマジで痛いからね。

なんかもうね、ネットとかでケツ毛は剃らないほうがいいです、と。抜いたほうがいいです。・・とかいう記事読んでね、「ああ、こやつはただの職業ライターだなぁ・・」と悲しくなりましたよ。

ケツ毛とか、あと腹毛もなんですが、神経がとんがってる部分っていうんですかね。このケツ毛とか抜くのめっちゃくちゃ痛いですからね。パ(半端)ないっすからね。笑

だから当のケツ毛脱毛で悩んでいる本人に簡単に「ケツ毛はピンセットで抜くのが一番」とか書いてほしくないんですよ。とほほ。笑

じゃあやっぱり脱毛クリームがいいのか?

というとですね、これもネットとかで検索しますと、いろんな脱毛クリームとか紹介されておりますよねー。僕だっていろいろ買ってみたりして試してみたりしたんですが・・他の記事でも書いてますけれど(夏の日の1993)結局ね・・また生えてくるんですよねー。

それはまるで、退治しても退治してもでてくるしつこい、イヤな外注ライター・・じゃないや、イヤな害虫のように、ね。また毛なんてすぐ一週間ぐらいとかですねー。幸せな気分にひたれるのはね・・。で、またポツリンと、うららかな春のつくしんぼうの芽のように、小さな毛の先端部分がいずれ肌から素出してきますからね。

じゃあ・・脱毛サロンとか?永久脱毛とか?

じゃあ脱毛クリームもダメ、抜くのも痛いしで、いずれまた生えてくるし・・となると必然的かどうかはさておき、脱毛サロンとかでレーザー脱毛とかでの永久処理とか?って話がなってくると思うんですけれどね・・・。

これに関しては、僕はまだ経験がないので、ここではオススメの脱毛サロンとかは語れないのですけれど。レディース脱毛サロンに関しましては嫁がいろいろ行ってるので語れるんですが、僕自身はメンズ脱毛エステとか通ったことはないのです・・・。

その理由なんですが、なんといっても値段でひっかかる・・。メンズ脱毛とか高いんですよねー。レディース脱毛とか安いプランとかあるのになーって、あと単純に怖いという理由。

痛くないとわかっているんだけど、歯医者に行くのが怖いといった理由と似てますね。笑
あとは、そこまで(脱毛サロン)に行くほどか?・・と自問自答したときに、別にそこまでしなくてもいいかな?という自分のなかで毎年の夏にでてくる課題で、そしてまあ今年も剃りますかいな、でまず落ち着くというね。笑

じゃあ、剃るだけでいいんですか?

・・・・これもですね、結婚もして子供もいる身としては、微妙なんですよねー。特にモテるために、女性に嫌われないように、今年の夏もケツ毛そるかー。胸毛剃りますかいな、って今までなあなあにして生きてきたんですね。

でも、そこまで女性って「毛」だけで男性判断しませんよ。胸毛俳優、石黒賢が石田ゆり子と付き合っていたように(二人は今ってどうなってんだろう?)

まあでも、あなたが今20代なのか30代なのか、また結婚しているのか未婚なのかで、ケツ毛や胸毛の処理を、今年の夏はどうするのかってのは考察すればするほど悩むところですが、僕は今のところ今年も、剃る予定です。

ケツ毛はもう剃らないですね。・・時間がもったいないんですよね。いやケツ毛処理にも時間はかかります。

まだ胸毛でしたら、5枚刃シェーバーですいすいいけるんですけれどね、ケツ毛となると、デリケートなゾーンなので、鏡見ながらとかじゃないと、となると子供がお風呂に急に入ってこられるとなると、胸毛はいいんですがケツ毛剃ってる場合じゃなくなるんですねー。汗

独身時代は、もうね・・何かの儀式のように毎年、新聞紙をバーと広げて、ハサミでさくさく切ったりしてしましたね、もさもさになったケツ毛をね。

剃るのも疲れてくるからハサミでね、もさもさとさくさくっとね。

じゃあ、カットだけでもいいってこと?

もうね、胸毛&けつ毛、現在進行形で悩んでいる自分としては、今年もカット&剃る方向性ですよ。女性と違ってね、僕は脱毛サロン行くまでにまだならんです。

行ったときは、レビューとかしたいですけれどね。・・・・ちなみにだいたいケツ毛とか胸毛族は、今の僕のように40代ぐらいになってくると、体に毛を持っていかれた分なのかどうなのか、頭の毛が薄くなる傾向があるようです。

体毛は濃く。
頭部は薄く。

って、・・毛の負のスパイラルどんだけーーってかんじですよ。汗

ちなみに、薄毛とかに関してもいろんた育毛剤とかも試してみたりしたんですが、どれもこれも・・ってかんじで、もうカツラしかないんじゃないか?

とふと思ったときに、市内のアートネイチャーの無料増毛体験というものに行ってきた際の記事がございますので、体毛の濃さで悩んでいる方は、頭部の薄毛にもいずれくるのは避けられぬ未来ですので、・・こちらも合わせてお読みくださいませ。

それでは引き続き、毛との戦いについては、ちょくちょく書いていきたいと思いまふ。

関連記事:

アートネイチャー1000本増毛ウィッグは値段が高い?値引きはできるの?

男性(28歳)

指で抜く。

毛抜きで抜き続ける。
生えてきたら、抜くの繰り返しです。なお、この方法を試したムダ毛は足の甲やふくらはぎ、足の指です。

眉毛用のハサミで切る。
すね毛が長いので、ハサミで長さを揃えました。

カミソリで足全体の毛を剃ったこともあります。
そのほかには、木工用ボンドで寝る前に固めて朝剥がしとる方法を試しました。毛が切れやすくなりそうなので、厚塗りします。
これは、すねです。

あとは、毛を生え難くする化粧水を利用しました。
これは髭です。

そのほかには一度だけ脱色しました。
これはすねです。

メリヤス編みの洋服を着る。
メリヤス編みというのは、ジャージなどに使われる編み方で、こういった服を着ると、ムダ毛が引き込まれて切れることがありました。

甲の毛は、夏場にサンダルを履きたいがために抜いており、素足を出す必要がない寒い季節はあまり抜きません。
抜いた後、また生えてきますが、生えてきてすぐに抜くと毛穴に跡が残るため、少し生えてきてから抜きます。
足の甲は一度抜くと、皮膚表面でわかるほど生えてくるまで一週間くらい時間がかかるので、毛抜きで抜くだけで十分だと思います。

化粧水でのケアは、正直全く効果がありませんでした。
しかも値段も高く、やめました。

木工用ボンドや脱色は、用途が違うため、皮膚がヒリヒリしたりし、また面倒な気がするので一度しかやっていません。
脱色自体は成功しましたが、白いすね毛といった感じで逆に不自然になってしまいました。また、ボンドの場合は、毛が切れてしまったり、以外と引っ張れなくてボンドから抜けてしまい、脱毛になりませんでした。

男性(40歳)

ある時フライパンで料理をしていたら、ガスコンロの炎の上に手の甲が移動した際に「じっ」という何かが焦げる音がして、見ると手のムダ毛が消失しているのを発見しました。火の近くまで持っていく必要はなく、30㎝以上離れた上の方にかざすだけで十分チリチリに焼けてくれます。あまり一般的な方法ではないと思うのですが、それ以来気になった時にさっとかざすだけで消えてくれるので助かっています。

当方男性ですが、さすがに腕のムダ毛は手入れするまでもないので放置していますが、手の甲や指のリング装着部に生じるムダ毛はあまり見栄えの良いものではないので、この方法で肌にダメージを与えることなく全てムダ毛を処理できて重宝しています。

この方法の良い所は即効性とコストが安いこと、そして生えてくるたびに気軽に処理できることです。かざし方に慣れさえすれば熱い思いをすることもなく、定期的に継続して処理できているので、一定の成功は収めていると思います。

一方、デメリットとしてはなんとなく人に勧めづらいというか、台所のガスコンロで毛を焼くこと自体があまり気分の良いものでもないので、あまり大きな声で自信をもっておすすめ出来ない部分があるところです。

しかし、男性のムダ毛ケアの上で隠れた盲点とも言うべき指毛や手の甲の毛が短時間でツルツルに仕上がるメリットはなかなか大きいものです。これによって結婚指輪が指毛を巻き込むトラブルが消失したので、割り切れば非常に便利な手法だと考えています。

男性(69歳)

夏になるとどうしても裸になるので無駄毛が気になります、パンツも少し大きいのにしてますがやはりはみ出します。そこでいつもカミソリでかなりの部分を剃ります。パンツを脱いで鏡を見ながらするのですが中々旨くは行きませんでした。

そこで妻に頼んでカミソリで剃ってもらいます。最初は嫌がりましたが今ではなぜか楽しんでいます、カミソリで出来ないところは脱毛クリームを塗って10分ぐらいしてガーゼで拭いてもらいます。その手つきが微妙でおもわず快感で声が出ます、それを妻は楽しんでいます。足の無駄毛も年に数回脱毛クリームでムダ毛処理をしています。

胸も夏は年に1回はムダ毛処理を脱毛クリームでしています。手とか指もムダ毛がありますので脱毛クリームで処理しています。

夏になるといつもの定例行事で妻も喜んでしてくれます。その後は妻も自分のもしてくれとパンツを脱いできますのでお互いに相手の無駄毛をカミソリと脱毛クリームで取ります。ある時間違えて肛門にクリームを付けたところ刺激が強くて肌が荒れました。すぐに水で洗いましたから大事になりませんでした。

妻が脱毛クリームが付いた手で亀頭にさわりクリームが付いてかなりヒリヒリしてきましたので文句を言うと濡れたタオルで拭いてくれました。脱毛クリームは取扱いに注意をしないといけません。

しかし肛門の辺りは中々取れにくくてうつ伏せになりお尻を少しあげて相手に分かりやすくしないと脱毛がしにくいのでお尻を突き上げて妻に脱毛クリームを塗ってまらいました。おかげで綺麗にムダ毛が取れました。




SPONSORED LINK

フォローする