一流の水泳選手女子が試合に勝つために全身脱毛にこだわるその理由とは?

東京オリンピックまであと数年もあるけれど、一流の水泳選手、特に女子においては体毛がまるでなくて、それはいつも僕にイルカを思い出させる。

もちろんイルカといっても、僕ら家族がよく行く青森市内での浅虫水族館などでのイルカショーで、感激を受ける、ときには僕ら家族が座っている席までも水の洗礼までうけながらのショーをその鍛練によって見せてくれる、あのイルカであって、このイルカではない。

それはもちろんのことだけれど、僕は汽車を待っているわけでもないし、かといって時計は気にしていた。

そして季節はずれの雪は、寒い豪雪地帯の青森市内だからといって、春から夏にかけて暑かったり寒かったりのアップダウンの気温差が激しいさなかではあるが、

さすがに季節はずれの雪までは降ることもなく、僕はいつものようにシースリー青森店で、全身脱毛を受ける妻を、片手間の読書をしながら待っていた。

そして、妻が戻ってきたら僕はきっとこう言うのだろう。

「今、春が来て君はきれいになった」と。

そのようにして夫婦生活は、いたって成り立っているものだ。




SPONSORED LINK

一流水泳選手女子の会話を横で聞きながらの読書~あるいはステーブン・キングの小説技法について

妻を待つ横で僕は、読みかけだったステーブン・キングの初期の頃の古めの短編集の文庫本を読んでいた。短編集といってもそれは『恐怖の四季~春夏秋冬』シリーズからなるちょっと長めの中短編小説がつまった短編集である。

それでも僕はまったくといっていいほど、その内容が入ってこなかった。それはなぜか?

それは僕の横で、さきほどから「1流の水泳選手」の話をしている女性2人に気をとられていたせいなのかもしれない。

「ってゆーかさ、みんな1流の選手って脱毛してるよねー」

「そうそう、水泳に限らずに、フィギアの・・あの・・誰だっけ?」

「浅田真央ちゃん?」

「違う、えええと・・」

「はにゅう君?」

「ち、ちがう。はにゅう君あんまタイプじゃないだ私~」

「えーじゃあ誰が、ミカ、タイプなのよー」

「そんなの決まってるじゃーん、キンプリでしょ今はー」

「キンプリの誰よー、」

「えーそんなの決まってるじゃーん、――」

ってゆうか、一流の水泳選手の話どーなんだったんだ?

と、読書にも集中できずに、本から目を話横を向くと、
テレビでよく見るこのようなかんじの女性が二人でポップコーンを食べていた。

そして、彼女たちの会話は、一流の水泳選手女子の話などではなく、すでに「新しい地図」の今後や、スマップ再結成はいつ、どのタイミングで結成するのか、はたまたしないのか、などの話題になり、もう水泳の話などではなくなっていった。

そうこうしているうちに、妻が戻ってきて僕らは『なごり雪』を口づさみながら自宅へ戻った。

そして1流の水泳選手女子の話に戻る。

水泳に限らずに、バレリーナでもフィギアスケート選手でも、サッカー選手でも、陸上選手なんかでも、全身脱毛している選手は男女問わずに多いようです。

それは、見た目の美しさと、単純にその競技における「毛」の邪魔さらしいです。水泳なんかですと、それはわかりやすいですよねー。

イルカの例を持ち出すまでもなくて、つるつるボディのほうがより速く泳ぐことができるじゃないですかー。

と、ちょうと先日に行ってきた浅虫水族館のイルカショーでも、イルカの祖先ははじめは毛におおわれていたそうで、そして陸地から水のなかで生活を主とするなかで、しだいにあのようなボディへと進化したというのです。

一流の水泳選手女子が試合に勝つために全身脱毛にこだわるその理由とは?やはりそれは、少しでも競技においての水の抵抗をなくし、記録タイムをより伸ばすための全身脱毛なのだとおもいます。

そして、僕の妻の場合は・・・その全身脱毛しなければならない理由は、・・・もっと今よりもキレイになりたいからだそうです。やれやれだ、と僕はそう思った。

なんたるその明確な違い。
でもこれが女性なのかもしれない、と僕はそう思う。

でも、男性でも全身脱毛するケースも最近では多いらしい。その理由はなんとなく僕には分かる。胸毛もじゃもじゃの僕はその理由が手にとるように理解できる。

それはスポーツ中においても、毛が多いせいで汗の量も増える。
毛でなんだか汗と混じってスポーツ中に気持ち悪くなるかんじがする。

僕自身は、一流でもなんでもないただの平凡サラリーマンだけれど、試合に勝つためにスキンヘッドにして、それで試合に勝てる可能性が数パーセントになるのだったら、僕は頭の毛を剃って試合に臨むことだろう。

試合するからには、勝ちたいと思うのはアスリートなら当たり前である。

プロのスポーツ選手男子も、主にそのような理由で前身脱毛をしているのではないだろうか?・・・ネットとかで調べてみたけれど、あっているようでした。

とにもかくにも、僕の妻の前身脱毛はいつまで続くのだろうか・・。
妻の全身脱毛体験記はまだまだ、続く・・・のはいつまでだろうか?

関連記事:

妻の全身脱毛日記の続きはこちらから。
シースリーのチラシや口コミから全身脱毛を予約した妻の体験談!!




SPONSORED LINK

フォローする